看護部長ごあいさつ

古河総合病院 看護部長 西ヶ谷 正子

年々高齢化が進む中、古河総合病院はケアミックス型(急性期病棟・慢性期病棟・回復期リハビリ病棟)の医療機能をもつ病院として医療活動を行っています。
看護師は、幅広く知識や技術を深め、優しさと思いやりをもって、あらゆる場面において、患者さんや家族を全力で援助・支援を行う看護を目指しています。
そのために、古河総合病院看護部は、一人ひとりのキャリアやスキルに合わせた教育を行っています。新卒あるいは既卒の方への勉強会を定期的に開催、病院外での研修参加など、スキルアップができるよう支援をしています。

古河総合病院の「Any time with a smile」というキャッチフレーズには、私たち看護師のこんな思いが込められています。それは地域の人々がいつまでも健康であり、笑顔で日々の暮らしが続けられることです。そして私たちは、いつも笑顔で、一人ひとりの健康を支え、暮らしを守り、いつでもだれもが最善の医療を受けられることを看護の職務を通しながら提供できることに努力しています。

これからの医療・看護の役割は、これまでの「治す医療」、「病院完結型」から「支える医療」、「地域完結型」へと転換していきます。
看護職は、患者さんの入院前から退院後も含めた生活や重度な介護状態になっても、「地域で、自分らしい暮らし」を続けることができるサポートを、ぜひ古河総合病院で実践してみませんか、きっとあなたの目指す看護が実現できます。私達はみなさんを待っています。